販促グッズは手作りで目立たせる!自分だけのポスターフレームを作ろう!

Posted on

ポスターを傷つけないための販促グッズの扱い方

広告媒体の一種であるポスターは場所を問わず一定の宣伝効果が得られるのが利点です。また、作成コストも低いので複数用意出来るのも広く普及している要因の一つです。ポスターは壁や掲示板に貼り付けるのが一般的な使い方ですが、扱いが容易な一方で破れや水濡れ、日焼けなどの不具合に見舞われやすい欠点もあります。特に破れについてはポスターの四隅を固定して貼り付ける様式が主流であることも加わり、頻発しやすいトラブルです。破損したポスターは宣伝対象のイメージを損なうので、専用のフレームで端を固定させて破れを防ぐ工夫が求められます。また、ポスターフレームは防水や遮光の効果があるパネルと組み合わせて使える構造の物も多いので、ポスターの劣化予防に役立ちます。

ポスターフレームを手作りする際の工夫と注意点

ポスターフレームはポスターを固定させて劣化を防ぐだけではなく、より目立たせて宣伝効果を向上させる目的でも使われます。目立ちやすいデザインのフレームを使うことで他のポスターや掲示板よりも注目されやすい状態にすることが可能です。特に手作りのポスターフレームは独自のデザインに仕上げることが出来るので差別化を図ることが出来ます。ポスターフレームを作る際はデザイン以外に寸法と材料選びにも気を配ることが大切です。ポスターの寸法に合わせることでシワや弛みなどの不具合を防ぐことが出来ます。材料については耐久性や加工のしやすさ、重さなどを考慮して選ぶのが長く使い続けるための条件です。出来上がったポスターフレームは過度の圧力や衝撃を与えないように丁寧に扱う他、汚れもこまめに拭き取って清潔にするのが良好な状態を保つ心得です。

ポスターフレームは、額縁と似ていますが構造が違います。ポスターを出し入れしやすくするために4辺開閉式になっています。