故郷のお墓を無縁にしないために墓じまいを検討してみては?

Posted on

お墓が持つ特性とは?

お墓には、大きく分けて「尊厳性」「永続性」「固定性」という3つの特性があります。尊厳性とは先祖を敬うことで、永続性とは引き継いでいくこと、固定性とは地域に根付くことです。ところが、少子高齢化やビジネスのグローバル化が、この3大特性を徐々に崩壊させています。そのため、今あるお墓を解体・処分し、新たにお墓を建てずに永代供養する“墓じまい”を決断する家族が多くなっています。墓じまいは、故人を永代に渡ってお祀りするという尊厳性は担保されますが、永続性と固定性という2つの要素を持たないという選択です。

墓じまいのメリットとは?

子供がいないとか、子供が娘だけとか、あるいは息子はいるが離れて遠くに住んでいる人にとっては、自分たちの世代がその墓に入れば、後のことを子供や兄弟、親戚などに先送りすることになり、無縁墓になってしまう確率が上がると同時に、無縁仏にしないためには、子供たちにかなり無理を強いることになります。それは、精神的にも、金銭的にも、させられないし、させたくないものです。そこで、その墓を自分の代で責任を持って閉じるという選択肢が生まれてきます。もちろん、ご先祖に申し訳ない気持ちがあるとは思いますが、墓じまいをしなければ、次の世代、あるいは孫の世代に遺骨ごと無縁になってしまう可能性があるのです。つまり相当勇気のいることではありますが、墓じまいこそ、ご先祖様を思い、子供や孫たちを心配する、心優しい人たちの要望にマッチした選択肢だといえます。

墓じまいとは、お墓を解体・撤去して遺骨を別の場所へと移動することです。お墓を管理していく継承者がいない場合などに行われます。