競争化時代、CAD導入で開発期間を大幅に短縮

Posted on

CAD導入で製図作業の効率が大幅に上がります

製品開発する上で最も工数がかかるのが、製図作業です。製図作業は、ドラフターと呼ばれる製図道具を使って書くのが広く知られた方法ですが、手作業で書く為、作業工数が多くかかるといったデメリットがあります。そこで、注目されてきたのがCADです。CADを使う事で、PC上で図面を簡単に書くことができます。図面の修正も、ワンクリックで線を削除して引き直すことができるので、作業効率が大幅に短縮されます。また、タップ穴といった図面指示も選択するだけで簡単に行えるようになっているので、熟練者でなくても短納期で図面が書けるようになります。

3DCADで開発のリードタイムを短縮

製品開発で求められていること、それは、開発のリードタイムの短縮です。いかに早く開発して、製品を世の中にリリースできるかが成功の重要なキーポイントになってきています。3DCADを使う事で、開発のリードタイムが短縮できます。3DCADでは、製品の3Dイメージを誰でも見ることができるので、製品上の不具合等のチェックがしやすくなり、結果としてリードタイムの短縮に繋がります。3DCAD作業での魅力は、作業を、グループでできるということです。製品の部位毎で設計者が設計を行い、3DCAD上で合体させて製品を作り上げることができます。3D上で合体させることで、それぞれの部位同士の干渉等も簡単にチェックでき、設計ミスによる製造の遅れといった不具合もなくなります。また、3DCAD情報は、生産情報としても使えるので、生産準備工数も大幅に削減できます。

電気CADとは、今まで手作業で書いていた 電気工事の配線図面を、パソコンを用いて設計、作図が出来るソフトのことです。綺麗に、しかも大幅な時間短縮が期待出来ます。